ハンドカットログハウス建築日記

HAKUGINは静かに暮らしたい

ハンドカットログハウス建築日記

基礎工事経過報告⑤

f:id:HAKUGIN:20200330061108j:image

全国的に雪の所が多かった3/29。

重たい雪で一気に積もりました。

小雪の今冬としては、3月末にして一番の積雪だったような気がします。

日曜日ということもあり工事はお休み。

ですが、現場が気になり行ってみました。

まず前日3/28の朝の様子はこちら↓

f:id:HAKUGIN:20200330062030j:image

f:id:HAKUGIN:20200330062101j:image

コンクリートを流し込んだ後、養生しています。

ここに積雪25cmくらい積もったので、ブルーシートの骨組みが潰されているのではないか心配でした。

 

現地に着いてみると、あれ?

f:id:HAKUGIN:20200330062537j:image

取り付き道路から現場まで除雪してある?

日曜日で誰も来ないハズなのに?

f:id:HAKUGIN:20200330062728j:image

ブルーシートも高さを上げて張り直してある。

ウロウロしていたら、いつも気さくに色々教えてくれる現場の人が来ました。

"現場が気になったから、朝来ました。ブルーシートは潰れてなかったけど、雪どけして高さを上げておきました。"とのこと。

 

 

 

 

神対応に感動!

 

 

 

休みの日にここまでしてくれるとは。

午前はずっと降り続いていたので、雪の中での作業だったでしょう。

取り付き道路から現場までの除雪に、ブルーシート上の雪どけ、骨組みをやり直してブルーシートの高さを上げるところまで、一人で作業されたのでしょう。

安心感に包まれたとともに、この方に対する信頼感が芽生えました。

基礎はこの方に任せておけば大丈夫。

そう確信して帰ってきました。

 

私自身、都会と田舎両方に住んでみた経験から、今までこのブログでも田舎のことをいろいろと書いてきましたが、もしかすると欠点に思えることばかりだったかもしれません。

しかし、こういった素晴らしい田舎気質があることも事実であり、私はそれが人間臭くて大好きです。

口下手であまり説明などしてくれませんが、任されたことはしっかりやる。

"悪いようにはしないから、つべこべ言わずに任せといてくれや"

という感じです。

もともと田舎は農業、林業など身体を使う仕事が多く、フットワークの軽さ、勤労をよしとする価値観があるように思います。

そのような気質を受け継いだ人に任せる事ができて、私は幸運です。