ハンドカットログハウス建築日記

HAKUGINは静かに暮らしたい

ハンドカットログハウス建築日記

現場経過報告8/12

 

 

f:id:HAKUGIN:20200812205201j:image

画像は、去年加工前のログ材の写真をカナダの加工場から送ってもらったものです。

こうして見ると懐かしいですね。

その後加工が始まり、その途中経過を確認するために現地を訪れています。

お時間あれば過去のブログ"カナダへ"もご参照ください。

 

そして今は現場工事はストップしています。

お盆明けから左官屋さんの塗り壁作業が入ると聞いていますが、何日からなのか、何日までなのかは聞いていません。

その他の設備工事も行われている気配はありません。

電気配線は概ね終わっていますが、上下水道、ガス配管はまだですね。

 

分離発注扱いとなった、薪ストーブ、キッチン、洗面台もまだ動きはありません。

薪ストーブは、もとは設置工事を地元のストーブ店で頼むことにしていました。自己発注(分離発注扱い)でしたが、いろいろあって建築会社であるC社に頼む事にしました(過去のブログ参照)。

ところが蓋を開けてみると、C社がツテのある会社に頼むだけで、実際には分離発注扱いになります、とのこと。つまり、工事の上では協力しますが、C社は薪ストーブについて責任は一切請け負いません、ということでした。支払いも別々です。従って住宅ローンの中に含める事が出来ず、薪ストーブ代100万円以上を用意しなければならなくなりました。薪ストーブについては元々分離発注の予定だったので、お金の面はなんとかなりましたが、C社の対応がなんとなく雑になって来たと感じますね。

C社からすれば、ここまで来れば、あとはいかに経費を浮かすかが大切でしょうから、あれもしたくない、これもしたくない、なるべくログの部分以外は分離発注にしてその部分については責任を負いません、という姿勢が見えてきますね。

皆さん仕事として動いているので仕方ない事ではありますが、C社が無ければログハウスも建てられないですし、今後もメンテナンスなどで関係は続くので、こちらも相手の身になって大人の対応をしていきたいと思います。

もちろん妥協する事なく、いい家を建てるために言うことは言いますが。

話がそれましたが、薪ストーブについては既に希望機種を押さえてもらっていますので、時期が来て、お金さえ払えば設置されるでしょう。

 

キッチン、洗面台については、後から分離発注にする事が決まりました。

今は詳細がほぼ決まり、契約をするだけ、というところまで来ています。

詳細を決めるに当たり、男ではどうしても行き届かない心配りを求めて、キッチン専門店にお願いする事にしました。

ログハウスの面では自分の希望で好き勝手にやらせてもらったので、せめてキッチンは妻の希望を叶えてあげたい、ですよね?

結果的にはこの方が高額になりそうですが、色々なアドバイスをもらいながら、一つ一つ決めていったので、充実感・安心感もありますし、納得して頼む事ができそうです。

今まで決めたことを後から再検討する事もありませんし、アップグレード、ダウングレードすることもありません。予算を調整する事も考えませんし、値引き交渉する事もありません・・・

 

嘘です。

 

値引き交渉はしました。

ただし、もともと値引き出来ない金額で見積もりを提示しているようなので、それ以上無理は言いませんでした。

 

今までの土地購入やログハウス建築についてもそうですが、私の考え方として出来るだけ値引き交渉はしないようにしています。

それは相手の利益を減らすことにしかならないからです。

相手も仕事である以上、利益が出ないと事業を続けていけません。

今後のメンテナンスも考えると、相手もしっかり儲けてもらって、将来メンテナンスを頼む時にもその会社が事業を続けている事が大切です。

また、それ以上に大切なのは、相手のやる気を削がない事です。

お金の面で、"あなたの利益を削って安くしてください。ただし一番いい出来の物を作って下さい。"と言われて、やる気が湧く人はいないですよね?

"必要なお金は払いますので、思う存分楽しんで、いい仕事して下さい。"という心持ちでお金を払う方が、お互いにいい気分で過ごせますよね。

この辺りのやりとりは妻が得意なので、夫婦で役割分担してる面もあります。

妻曰く、お金は天下のまわりもの。

使った分だけ入って来るから。

自分だけため込もうとすると、不思議と入ってこなくなるよ。

そういう物だから。

出ていく事は損じゃない、不安じゃない。

 

だんだん話がそれてきたので、このへんにしておいて。

 

最後に少しだけ建築関連で進んだ事をお知らせです。

f:id:HAKUGIN:20200812205224j:image

洗面台の上に設置する照明器具が届きました。

これは私が手配して買ったものです。

価格は35000円でした。

買ったのは、過去に夢丸などでも広告を出していたコテージスタイル、というお店から。

洗面台はこうしたい、という憧れの画像があるので、それに近い物を選びました。

憧れの画像はこちら↓

f:id:HAKUGIN:20200812220347j:image

こちら程広い洗面台にはなりませんが、横幅が120cmになりますし、照明器具は上の方の中心に一つだけ付けるので、少し大きめの照明器具にしました。

照明器具の高さは、上の吊るす所も含めて46cmあります。

今から付けたところを想像して楽しんでいます。

 

現場経過報告ブログは続きます・・・

 

 

 

衣食住なのか?

 

f:id:HAKUGIN:20200806063858j:image

 

唐突ですが・・・

 

人間の生活水準の指標として、衣食住の充実度が挙げられます。

それが高いレベルで確保されていることによって精神的な安定も得られる事でしょう。

 

ある本に書いてあったのですが、人間は社会的に成功しお金持ちになると、初めは豪遊したり、旅行したり、人に奢ったりしますが、それもひと段落すると、自らの衣食住を充実させる事にお金を費やすようになるそうです。

何においてもピンキリで、お金があればあるほど選択肢が広がる世の中ですが、結局は衣食住が大切だという事です。

もちろんその中でもピンキリで、衣食住のみにお金を費やしても、高くて良い物は際限なく存在し、お金の使い道に困る事は無さそうです。

また次から次へと高機能な物が出てきますし、衣食住に必要な物はある意味で消耗品なので、定期的に買い替えなければなりません。特に衣食は買い替えの頻度が高いと言えるでしょう。食は買い替えというよりは、毎回消費ですね。

それに引き換え、住は買い替え頻度が低いものです。

額の大小に違いがありますので単純比較は出来ませんが、なかなか買い替えが出来ないからこそ、住環境を整える時には良い物を長く使えるように気を付けたいものです。

 

そこで私から問いたいのは、衣食住なのか?ということ。

もっと言うと、大切さの度合いも衣食住の順なのか?という事です。

私からすると、衣食には気を使うけど住には無頓着、という方が多い気がします。

こんなブログを書いているからかもしれませんが、もっと住宅や周りの環境のこと考えてもいいのでは?と思ってしまいます。

感覚的には人々の興味は食、衣、住の順のような気がしますね。

 

私はと言うと、住はもちろん、衣食にも気を使っています。

衣について言えば・・・

人間が文化的な生活を送る上で全裸というわけにはいきませんよね?

進化の過程からも、また毎日を快適に過ごすためにも、衣、つまりいい服を着て過ごす事は大切でしょう。

最近は服に使われる素材も改良され、着心地が良く、長くもつ物も多いです。

中でも私は、以前からアウトドアブランドの服を好んで選びます。

中には都市部で綺麗にアウトドアブランドの服を着こなすのがファッションのように扱われることもありますが、私がアウトドアブランドを選ぶのはもっと実用的な理由からです。

アウトドアで求められる服への条件は日常生活よりも格段に厳しく、またそれに耐えられるよう日々進化した製品が出てきます。

アウトドアブランドの服は来ていて快適なだけでなく、さらに何か機能を持ち合わせたものが多いです。たとえば吸湿速乾性、保温性、筋力サポートなど。重ね着を前提に、何枚目に着るのかによって各衣服に必要な機能を持たせた物もあります。

私としてはやはり、服に対しても耐久性を第一に求めたいですね。それは長く使い続けられ、結果として買い替えの必要も少ない事を意味しています。

またアウトドアブランドの服は洗濯後に乾くのが早いです。基本は吸湿速乾性を持たせた化学繊維なので、夜に洗濯して干しておけば、翌朝には着る事ができます。すると服の量を減らす事が出来ます。その分、一つ一つの服に賭ける単価を上げて、アウトドアブランドの少々高めの服を選び、長く使う、というスタイルもアリなのでは無いでしょうか?

購入時の一時的な出費はありますが、先述のようなお金持ちになった人ではなくても、大半は充分手が出る金額の範囲内だと思います。

例えばこちら↓

f:id:HAKUGIN:20200806062624j:image

私の好きなブランドの服ですが、使い始めてそろそろ15年になります。

購入額は4000円くらいだったかな?

Tシャツ一枚としては高めですよね?

仕事の時以外はたいていこれを着ていますが、まだまだ現役です。

ロゴマークなどは擦り切れて見えなくなってきていますが、服としての機能はまだまだ充分です。

これは本当に使い勝手がよくて、部屋着として、寝間着として、買い物などのちょっとした外出着として、作業着として・・・ようするにほぼずっと着ています。

アウトドアブランドの服は縫製技術もしっかりしていて、糸がほつれてきたり、伸びてしまったり、ということも無いですね。

このようにアウトドアブランドの服は、ハードに使い込んで、それでも機能性が落ちることなく、耐久性があるか?という所に選ぶ価値があります。

 

食について言えば・・・

私はこれが一番無頓着かもしれませんね。

ホリエモン式に食べたい物を食べてます。

ホリエモンの食に対する考え方については著書を読んでいただくといいのですが、要約すると、食事は一緒に過ごす人とのコミュニケーション手段だから、好きな物・美味しい物を楽しく食べればいい、ということです。

好きなものばかり食べていたら不健康だ、と言われそうですが、人間は飽き性です。好きな物を選んでいても同じ食事が続く事はありません。

健康志向になるあまり食事に対する罪悪感を抱いている方も多いのではないでしょうか?

元々食事は栄養摂取の為に必須で、衣よりももっと原始的な行動のハズです。それがいつの間にか、食事する事自体が悪い事のように捉えられてしまっている。

それよりはもっとポジティブに食事を摂りたいよね?という考え方には大賛成です。

そして、食事が体や健康に及ぼす直接的な影響ばかりに注目していて、住環境がそれに及ぼす影響にまで配慮されていないのではないでしょうか?

 

いろいろと思っている事を書きましたが、私にとっては住衣食の順です。

あなたにとっての順番はいかがでしょうか?

 

 

 

薪ストーブと薪の調達について⑥

 

また行って来ました。

薪の調達です。

今回は薪二本分に切ってみました。

薪一本が40cmなので、80cmで切って積み込みます。

前回の薪三本分、120cmで切るよりも軽いので、軽トラに載せやすく、負担が少ないです。

また80cmの方が軽トラの荷台に詰めやすく、走行中も安定する気がします。

従って、今後の玉切りは80cmが標準になりそうです。

 

f:id:HAKUGIN:20200806055712j:image

そして今回の収穫。

軽トラの荷台が埋まりました。

だんだん効率よくなってきました。

 

f:id:HAKUGIN:20200730152850j:image

横から見るとこちら。

上に乗せた原木や、荷台後方の原木は40cmなので、それも80cmで切っていればもっと運べたことになります。

毎回、チェーンソーのバッテリーが無くなったら作業終了、としていますので。

 

f:id:HAKUGIN:20200730153043j:image

そして残りの原木。

初めに比べれば、かなり少なくなりました。

 

早く寒くならないかなぁ?

 

そう言えば、現場のログビルダーさんは、"次の冬は降ると思います。"と言ってました。

また、"この2シーズン、雪が少なめで来てますから、このままということは無いと思います。"とも。

このログビルダーさんはこの県の出身なので、言葉に説得力があります。

さてどうなるか・・・楽しみですね。

 

薪の調達は続きます・・・

 

 

現場経過報告8/3

 

またこの日から、ログビルダーさん達は別の現場へ。

要するに、またまた工事がストップしています。

お盆明けからは左官屋さんが入る予定なので、その前に壁や扉周りなどを優先的に終わらせてもらったようです。

左官屋さんはベルアートという素材で壁と天井を仕上げてもらいます。

見た目は真っ白の漆喰みたいになります。

 

従って特にご報告はありませんが、それではブログの意味が無いので、ログ壁の高さを測ってみました。

ちなみにログハウスは、ログ材の乾燥が進み、また上からの重さで潰される事で丸太の直径が細くなります。

それをセトリングといいますが、そのせいで家の壁の高さが低くなってくるのです。

従って定期的に家の壁の高さを測る事でセトリングの進み具合が分かります。

 

2020.8.3この日のログ壁の高さ

2.63m(iPhoneの距離計測機能にて)

 

測った場所はこちら↓

f:id:HAKUGIN:20200803122547j:image

室内の二ヶ所あるアーチカットのうち、南側の大きい方。

その隣のノッチ近くで測りました。

f:id:HAKUGIN:20200803122553j:image

ノッチの下端はこちら。

毎回同じ所で測らないと意味がないので、ここは継続的に測りたいと思います。

また、セトリングの進み具合は壁の場所によって異なるので、できれば東西南北の四ヶ所でも定期的に測りたいところなのですが・・・

まだ工事途中なので、今後の施工で高さが変わるので継続的に高さを測れるところが無くて、今は出来ずにいます。

左官屋さんの塗り仕事が終われば高さが変わる事は無くなり、測る事が出来るようになりますので、今後は計測結果も報告していければ、と思います。

 

現場経過報告ブログは続きます・・・

 

 

 

現場経過報告8/2

 

私の一番嫌いな、暑い夏がやって来ました。

梅雨が長かったので少し助かりましたが、後は早く暑さのピークが過ぎて、秋が来るのを待つばかりです。

まあ考え方次第ですが、梅雨も明けて、暑い夏が来ないと、秋や冬も来ないですからね。家が出来るのを楽しみながら、季節の変化を待ちたいと思います。

 

f:id:HAKUGIN:20200802141604j:image

さて今日の一番の注目はココ!

昨日見かけた栗の木がここに設置されました。

いわゆる框(かまち)というヤツです。

玄関の一段上がった所によく見かけます。

ここには、框の奥の土間スペースに薪ストーブが置かれます。


f:id:HAKUGIN:20200802141544j:image

少し引いて見ると・・・

ココは室内空間の隅になります。

この框に座って、薪ストーブに当たれるようにしました。

土間スペースには足置きも設置する予定です。


f:id:HAKUGIN:20200802141551j:image

横から見るとこちら。

この框の右が土間、左がフローリングとなります。

ここに座って、土間に足を下ろします。

通常の椅子の座面が高さ40cmです。

フローリングと土間の高さも40cmなので、この框が無ければ、座った時に足置きの高さの分だけ膝が上がってしまいます。

それを、この高さのある框を置いた事で回避出来ました。框と同じ高さの足置きを土間に置けば、高さの差は40cmのまま。椅子と同じ40cmの高さで座る事が出来ます。

また割れは気にせず、太い所を使ってもらいました。

また、木材自体が曲がっているのでそれも利用して、土間が広くなるように、一段高いフローリング側へ膨らむように設置してもらいました。


f:id:HAKUGIN:20200802141457j:image

框としては高さがあり過ぎますが、あえてこの高さのまま設置してもらった事によるメリットがもう一つあります。框に座って、フローリング側に足を出しても椅子として使えるという事です。特に子どもにはちょうどいい高さの椅子になるのではないでしょうか?

これは現場で、現場監督さんと話し合って決めた事です。

C社が框材として曲がり木を仕入れてくれたので、これを現場でどう使うか、現場監督さんと話し合って決めて下さい、と言われました。

そしてこの栗材を見た時に結構厚みがあったので、そのまま置いたほうが座りやすいという事になりました。

なるべく木を切らずに使いたい、という思いもありましたが。


f:id:HAKUGIN:20200802141520j:image

栗材の端もピッタリログ材に合わせてありますね。さすがの出来栄えです。


f:id:HAKUGIN:20200802141608j:image

土間側から見た框。

栗の木もまた、独特の風合いがありますね。

そして、バリアフリーの家がありふれた中、邪魔な程の存在感です。


f:id:HAKUGIN:20200802141617j:image

お隣の出窓も座れるように、と想定して造ってもらいましたが、出窓にも、框にもと、座れる所が増えてきました。

元々狭い家なので、椅子やソファなどの家具はなるべく置かなくてもいいように、との考えもありましたので、座れる所が予定より増えるのはいい事です。


f:id:HAKUGIN:20200802141534j:image

少し気になるのは、出窓の下の面。

手前はログ材そのままで、奥は出窓の下の面そのまま。

よく見ると、下の土台と緊結するためのボルトを設置した穴もありますので、このままという訳ではないでしょう。

そして2cmくらいですが、段差がありますね。

最終的な仕上げはどうなるか、要確認です。


f:id:HAKUGIN:20200802141529j:image

出窓の外側は先日で完成かと思っていましたが、この日見ると例のロープが付いていました。


f:id:HAKUGIN:20200802141524j:image

ロープ繋がりで言うと、こちらにも。

吹き抜けの一部だけ、床面を増設した所です。

左右の端にロープが取り付けられていました。

こんなのはログハウスで無ければ似合わないですよね?


f:id:HAKUGIN:20200802141559j:image

さて、先日はゆっくり見られなかったお風呂の扉。

ほぼ全面ガラスです。

隣の脱衣場から撮っていますが、脱衣場が狭くて、一番引いて撮ってもここまでしか撮れません。全体像が見られなくて申し訳ないです。


f:id:HAKUGIN:20200802141613j:image

下周りは一段高く、水切りの面からも安心です。


f:id:HAKUGIN:20200802141538j:image

風呂の内側から見た扉の下周り。

こちら側の方が高低差が大きく、水が脱衣場に流れる事はあり得ません。

ただし、最終的には防水処理とコンクリート仕上げで1cmくらい高さが上がります。


f:id:HAKUGIN:20200802141547j:image

風呂の内側から、扉全体を撮った画像。

シンプルでいいですね。

そういえば、風呂内部の壁の上半分は板材が貼られていますが、いつの間にかその下端に木材が付けられていました。


f:id:HAKUGIN:20200802141505j:image

そして風呂の扉の取手。

どこかで見たことある、と思ったら・・・


f:id:HAKUGIN:20200802141515j:image

勝手口の取手と同じ物でした。


f:id:HAKUGIN:20200802141512j:image

またこんな物が横たわっていますが・・・どうやら輸入物のようですね。

引き戸を吊るための金具のようですが、

2つありますね。あと引き戸は玄関扉のみのはずですが・・・

もしかしたら、車庫裏の収納の扉用かな?室内に置いてあるけど、室外用ですかね?


f:id:HAKUGIN:20200802141555j:image

話は変わりますが、今年もこの季節が来ました。


f:id:HAKUGIN:20200802141500j:image

拡大するとこちら。

農薬散布用ラジコンヘリです。

田舎の田んぼが多い地域は、日付ごとに地域を割り振って、このラジコンヘリで一斉に田んぼに農薬散布していきます。

家も、車も、洗濯物も農薬まみれになります。

安全性が確認された物を使っているようですが、都市部から来た身としては見慣れておらず、やはり不安ですよね。

初めはこの散布日を知らずに、突然目の前に2mくらいのヘリが飛んで来たので、テロかと思いましたよ・・・

 

現場経過報告ブログは続きます・・・

 

 

 

現場経過報告7/31

 

f:id:HAKUGIN:20200731210713j:image

もう完全に梅雨明けでしょう。

こちらは現場から最寄りの道路まで出ると見える山々。田んぼが広がっており視界を遮る物がありません。

久しぶりに山の姿を見ることが出来ました。

ずっと雲を被っていましたが、久しぶりに山が見えたと思ったら雪もほぼ無くなっていましたね。

せこいことに気象庁はいつも、梅雨明けに関しては事後報告ですが、今年の梅雨明け宣言は珍しく早めでしたね。


f:id:HAKUGIN:20200731210639j:image

さて暑い中、現場の周りをウロチョロしていると、出窓の上に何かが見えますね。


f:id:HAKUGIN:20200731210700j:image

近づいてみると・・・


f:id:HAKUGIN:20200731210631j:image

更に上から覗き込むと・・・

 

シーダーシェイクです!!

この、ほとんど見えない出窓の上に、シーダーシェイクを施工してもらえました。

第一希望が叶いました。

これは嬉しいですね。

ちなみに大屋根に全面シーダーシェイクを葺くとプラス300万円くらいかかります。身の丈に合わせて、ここだけで我慢・・・

しかしここは日も当たらないので、この風情が長く楽しめるでしょう。

ただし見るには脚立が必要です。(これで見るのは最後かも?)

 

f:id:HAKUGIN:20200731210725j:image

久しぶりに東側からの全景。

こちらもログ材の汚れを落とす薬品をかけて、少しスッキリしました。


f:id:HAKUGIN:20200731210732j:image

久しぶりに二階部分へ。

ほとんど変化はありませんでしたが、唯一の変化はそれぞれの境目となる部分に木材が付いたことくらいでしょうか?


f:id:HAKUGIN:20200731210652j:image

また昨日見かけた栗の木がこんな所に横たわってました。

土間とフローリングの境目に。

ここからどう使われるのでしょうか?

表面を一度磨き、綺麗な状態になっています。

手前の割れてる部分は、あえて使いますよ!


f:id:HAKUGIN:20200731210623j:image

外の栗の木が置かれていたところには、切り落とした栗の木片が・・・寂しげに転がっています。何かに使ってあげたい。

 

現場経過報告ブログは続きます・・・

 

 

 

現場経過報告7/30

 

梅雨明けかな?

久しぶりに青い空を見ましたね。

 

f:id:HAKUGIN:20200730175553j:image

やはりログハウスには青い空が似合います。


f:id:HAKUGIN:20200730175738j:image

面白い形の雲も。


f:id:HAKUGIN:20200730175832j:image

久しぶりにログハウスの全景を撮ってみましたが、外観は変わりませんね。

工事は内部ばかりです。


f:id:HAKUGIN:20200730175844j:image

そういえば少し外観が変わったところと言えば、現場のログビルダーさんが、ログの汚れを落とす薬品をかけた、とのこと。

なんとなく見た目がスッキリしたかな?

では内部へ。


f:id:HAKUGIN:20200730175715j:image

こちらは風除室内です。


f:id:HAKUGIN:20200730175707j:image

扉まわりと、壁と下の床との境目に木材が付きました。


f:id:HAKUGIN:20200730175613j:image

こちらはポーチの天井。

ここも天井と壁の境目に木材が付きました。


f:id:HAKUGIN:20200730175631j:image

こちらは内部から見た出窓。

最後まで塞いでなかった出窓の周りでしたが、外周りが塞がれたのに続いて、内側からも塞がれました。


f:id:HAKUGIN:20200730175745j:image

こちらは脱衣場の扉が付くところ。

引き戸になりますが、扉まわりと、戸を吊る金具も付きました。

この扉が収まる右側のスペースは、先日まで壁自体も無かったところです。


f:id:HAKUGIN:20200730175641j:image

その扉の下方は、床と壁の境目の仕様が左右で違います。

左は木の板が付いてますが、右は扉が収まるスペースのため木の板がついてません。


f:id:HAKUGIN:20200730175649j:image

少し引いて、斜めに撮影すると、奥の方に風呂の扉が付いてました。

ガラス面が大きな扉です。

中が見えるのでプライベート面では不安かもしれませんが、この扉には元々鍵が付いていません。

その手前の脱衣場の扉で鍵をかけることにしています。

であれば、風呂の扉は開放的な方がいいのではないか?ということです。

さらに、風呂内部の照明がワット数が小さい電球しか付かないため、脱衣場の照明も風呂内部まで照らすことができるように考えてのことです。


f:id:HAKUGIN:20200730175756j:image

こちらは床下点検口。

今までは木の仮板が置いてありましたが、点検口に差し替えられました。


f:id:HAKUGIN:20200730175819j:image

ふと気になったログ材と床の突き合わせ。

床材をログ材の下に潜り込ませる事で、ログ材の形はそのままに仕上がっています。


f:id:HAKUGIN:20200730175808j:image

上の画像でも少し見えていますが、太めのロープが置いてありますね。

これはログ材と壁の境目を塞ぐために付けられるものです。

ログ材の端は直線にならないため、木材ではなくロープで塞ぐ事になります。


f:id:HAKUGIN:20200730175729j:image

外には何やら木材が運びこまれていました。

どこに使うのでしょうか?

後日報告しますが、これは栗の木です。


f:id:HAKUGIN:20200730175605j:image

また、この日Amazonから綱引きロープが届きました。

というのは冗談で・・・


f:id:HAKUGIN:20200730175543j:image

出してみたのがこちら。

実はこれ、照明の配線なんです。

これを4本頼みました。

上のロープとも相性バッチリですね。

この4本をどこに使うかはまた後日に・・・


f:id:HAKUGIN:20200730175623j:image

本当は綱引きの綱くらい太いゴツい物を探していましたが、ありませんでした。

ネット情報だと綱の太さは2.5cmとなっていましたが、実際は3cmくらいあります。これは嬉しい誤算です。


f:id:HAKUGIN:20200730175657j:image

先端を撮影するとこちら。

中にソケットが隠れているのがお分かりいただけるかと思います。

 

現場経過報告は続きます・・・