ハンドカットログハウス建築日記

HAKUGINは静かに暮らしたい

ハンドカットログハウス建築&日記

ログハウス生活11/22

 

ログハウス生活が始まり、ブログの題名も変えました。

 

f:id:HAKUGIN:20201123050541j:image

ログハウス生活で初めての朝。

早起きして山の景色を見ていると、雲一つ無く、山に迎えられた気持ちになりました。


f:id:HAKUGIN:20201123050623j:image

薪ストーブに火を入れていると・・・


f:id:HAKUGIN:20201123050633j:image

次第に明るくなってきました。

山の高いところだけに陽が当たっています。


f:id:HAKUGIN:20201123050603j:image

建築関連でふと気付いたのが、換気扇の外部排気口ってどうなってたかな?という事。

見に行ってみると、丸い金属の蓋が付けられていました。


f:id:HAKUGIN:20201123050559j:image

建築中も雨が降るたびに、地面に落ちて跡を作っています。

跳ね返らりの土で家が汚れないよう、早めに外構をやりたいですね。


f:id:HAKUGIN:20201123050618j:image

お隣さんの柿が美味しそう。


f:id:HAKUGIN:20201123050628j:image

たまに富士山にかかるUFOみたいな雲が見られました。

車庫の丸太柱越しに撮影してみました。


f:id:HAKUGIN:20201123050612j:image

この日は買い替えた冷蔵庫が届きました。

実は2週間前から冷蔵庫無しの生活をしていました。

使っていた冷蔵庫は知人にあげました。

冷蔵庫はダウンサイズしました。

赤ちゃんも産まれて家族が増えたのだからと、家電のお店の人にも止められましたが、今の大きさの冷蔵庫はいつもスカスカなので、思い切ってダウンサイズしました。

また色はキッチン天板の黒に合わせました。


f:id:HAKUGIN:20201123050607j:image

キッチンに立って冷蔵庫を見るとこちら。

隅に寄せても、丸太の凹んだ部分があるので排熱は問題ありません。

 

ログハウス生活ブログは続きます・・・

 

 

 

2020/11/21いちおう完成!そして・・・

 

f:id:HAKUGIN:20201121200618j:image

この日は前日の前線に伴う雨の後、寒気が入りました。

寒い時の山の見え方ですね。

午前だけ仕事でしたが、終えて現場に行くと・・・


f:id:HAKUGIN:20201121200643j:image

ドーン!

すでに設置がほぼ終わっていました。


f:id:HAKUGIN:20201121200635j:image

ハースストーンというメーカーの薪ストーブ。

鉄ではなく天然石のストーブです。

家はログハウス、天然素材にこだわるならストーブもこれが一番いいのではないでしょうか?


f:id:HAKUGIN:20201121200648j:image

横から見ると、少し土間スペースが狭く見えますが、ストーブの後ろに遮熱板を置く事で、ストーブの位置をギリギリまで壁に近づけて、ストーブ前のスペースを確保しています。


f:id:HAKUGIN:20201121200626j:image

二階にも煙突が施工されました。


f:id:HAKUGIN:20201121200639j:image

南側ウッドデッキから山を見て昼食。

家画像の新たなアングルを探して、撮影してみました。

 

昼食の後は引越し!

自分で軽トラで荷物を運ぶので、ゆっくりはしていられません。

この日も含めて三日間かけて運ぶつもりですが、この日は一往復しかできないため、布団を優先的に運びました。


f:id:HAKUGIN:20201121200622j:image

私が仕事中の午前に、妻が少しの荷物と子どもたちを連れて、ログハウスに移動してきました。

荷物だけでなく、お花を飾ることにも気が向くのは女性ならでは。

ログ壁が厚いので、窓にも小さな花瓶なら充分置けるスペースがあります。


f:id:HAKUGIN:20201121200630j:image

夜になると照明に照らされた薪ストーブも雰囲気が変わります。

ログハウス初夜の室内。

暗い時に室内に入ったのはこの日が初めてなので、照明関係のいろいろな事に気が付きます。

照明の数は少なめにしたのですが、まずは明るさの確保は充分だったと思います。

また、夜に外から見たログハウス全景にも感動!

ただしセンサー付き照明なので、撮影しようとすると照明が消えてしまって、なかなかうまく撮れませんでした。

いつか撮影してブログに載せられたらと思います。

 

前日までに室内クリーニングを終え、この日最後の工事で薪ストーブが設置され、いちおう完成を迎えました。

荷物は全てでないにしても、少しずつ運び、この日からログハウス生活がスタートしました。

とはいえ室内の収納関連や、物置の中、外構など、まだまだDIY部分がたくさんあるので、完成はどこなのか?というと一生完成しないのかもしれません。

暮らしながら、手を加えながら、一緒に歳を重ねていける家です。

今後もログハウスに関連する事を書いていきますので、よろしくお願いします。

 

 

 

現場経過報告11/20

 

f:id:HAKUGIN:20201120194425j:image

この日は雨でしたが、朝の一瞬だけ、とても明るい朝焼けが現れました。

この後すぐに雲に覆われ、その後一日中お日様は拝めませんでした。

ログハウスとは関係ありませんが・・・

 

f:id:HAKUGIN:20201120194509j:image

さてこの日は、分離発注で頼んでいたエアコン屋さんのエアコン取り付け(2個目)が終わりました。

ここは西側妻壁です。

一つ目はメインとなる、天井埋込型エアコンでした。一階のキッチンスペースの上にあります。

今回は使わずにとってあった壁付けルームエアコンを二階に付けてもらいました。

夏は二階の方が暑くなるので寝苦しいかも?、またせっかくある物は使わないともったいないかな?と思い、付けてもらった物です。

 

これは今の借家に来る前まで、都市部で暮らしていた時に使っていた物を持ってきたのですが、山間部の借家ではエアコンの配管を通す壁穴自体が無く、そのまま倉庫に放置していたものです。

放置したまま3年以上経っていましたが、エアコン屋さんの見立てでは恐らく問題無く使えるだろう、とのこと。

実際は設置してみて、作動してみないと使えるか分からないが、冷却ガスが抜けてれば補充します、との事でした。

設置後に作動してみたところ、今は問題ないとのこと。

ただし、猛暑日や極寒日に正常に作動するかどうかは保証できない、とも。

冬にこれを使う事は無いので、次の夏に真価が問われます。


f:id:HAKUGIN:20201120194502j:image

エアコンを取り付けた壁を外から見るとこちら。

壁に穴を開けて、配管が出ています。

これをどこまで引っ張るのかというと・・・


f:id:HAKUGIN:20201120194514j:image

物置を貫通して、家の北側まで出ていました。

室外機の場所は物置の天井の上にしようかと思っていましたが、天井が高くて室外機を持ち上げるのが大変なのと、排水が必要なので、結構的にここに落ち着きました。


f:id:HAKUGIN:20201120194505j:image

キッチンの照明の高さが調整されました。

前は頭が当たってしまいそうな低い位置でしたが、電気コードの長さを短くして電球の高さを上げてもらいました。

高さの目安は隣のレンジフードと同じくらい。

ちょうどいいくらいになったと思います。


f:id:HAKUGIN:20201120194454j:image

お風呂の中のリモコンも設置されました。

ガス管が昨日設置され、すでに使えるハズです。

 

この日は前日からのクリーニングも終わり、室内は綺麗な状態になりました。

 

11/21は分離発注していたキッチン屋さんが来てくれて、キッチンの使い方の説明をしてくれることになっています。

 

また11/21は最後の工事、薪ストーブの設置も予定されています。

薪ストーブの設置はかなり楽しみにしています。

いよいよ完成に向けて最後の工事です。

 

現場経過報告ブログは続きます・・・

 

 

 

現場経過報告11/19

 

この日は気温が高く、風が強い日でした。

f:id:HAKUGIN:20201119164002j:image

見慣れない車が停まっていましたが、クリーニング屋さんでした。

こういう時のための、新築専門のクリーニング屋さんというものがあるのでしょうか?

建築途中も工事、作業に伴っていろいろなゴミが出ますので、かなり汚い状態も見てきました。

クリーニング作業を見ていると、三人がかりでかなり細かいところまで綺麗にしてもらっていますね。

一日では終わらないので、この日と翌日もクリーニング作業をする、とのこと。

 

また、ガス設備工事も行われていました。

以前も触れましたが、ガス設備の担当者は同じC社でログハウスを建てた、言わば"先輩"です。

これ以上頼もしいガス屋さんはいないでしょう。

工事の合間にも少し話をしたのですが、さすがはログハウスオーナー。

話の内容は、建築端材はどうするの?薪はどうするの?イエローシーダーは乾くの遅いよ、などと、一般の人とは違う話ができて楽しかったです。

最後には、作業が終わったらゆっくり中を見させてもらってから帰ります、と。


f:id:HAKUGIN:20201119164006j:image

電気屋さんの工事も地味に進んでいますね。

車庫の奥にある壁には照明が付きました。


f:id:HAKUGIN:20201119164026j:image

拡大するとこちら。

以前も触れましたが、家の外部照明は松本船舶の物で統一しています。

船舶風の照明器具が他にもたくさんありますが、本当に船舶照明として使う物を造るメーカーなので、耐久性重視。

実際に見ると、かなりゴツいです。

ネットで見た画像よりも重厚感があり、いい意味で期待を裏切られました。

これはかなり嬉しい誤算です。


f:id:HAKUGIN:20201119163958j:image

車庫コンクリートも完成し、この日初めて物置まで近づくことができました。

物置内部もコンクリート施工されています。


f:id:HAKUGIN:20201119163948j:image

その天井には例によって紐照明。

天井が高いので、紐がぶら下がっていても、まだ電球がはるか上にあります。


f:id:HAKUGIN:20201119163955j:image

その他にも車庫内部にいろいろと設備関係が設置されました。

天井から壁沿いに下に伸びてきているのはガス管です。

この裏側にはガス缶とガスメーターが付いています。

またこの画像の下の方には物置内部唯一のコンセントが付きました。


f:id:HAKUGIN:20201119164009j:image

物置入り口の左側にも防水仕様のコンセントが付きました。


f:id:HAKUGIN:20201119164018j:image

こちらは北側軒裏。

いつの間にかセンサー付き照明が付いていました。

 

続いて室内はというと、


f:id:HAKUGIN:20201119163952j:image

キッチンにガスコンロが付きました。

ガス配管が取り付けられたのに伴い設置されたのでしょう。

ガス関連は安全に使うための基準が厳しいので、これもガス屋さんの仕事の範疇なのだと思われます。

ガス設備はこの日のうちに使えるようにします、とのこと。


f:id:HAKUGIN:20201119164014j:image

手前から見るとこちら。

海外製のような全面五徳、アナログなつまみスイッチです。

実は日本のメーカー製ですが、知り合いのキッチンにこれが入っているのを見たので、迷わずこれにしました。

 

うちはいろんなところでかなりパクリ率高いです。

オリジナルは少なく、他で見た良いものの寄せ集めみたいな家です。


f:id:HAKUGIN:20201119164022j:image

風呂の内部もかなり完成に近くなってきました。

この日は照明が付いたところを初めて見ました。

小さめの照明で、なおかつ電球がワット数の小さい物しか付けられない仕様なので、お風呂が暗いかも?とのC社指摘を強引に退けて付けてもらったものです。

ただし、やはり小さいのだけが気になります・・・

これも松本船舶の物ですので雰囲気は充分ですが、大きさについては悪い方に期待を裏切られました。

また、シャワー水栓や給湯器も設置が進んでいます。

鏡は付けない予定でしたが、勝手に取り付けられていますね。

C社との打ち合わせで鏡無しと伝えた記憶も有りませんが、もし鏡を付けるとなれば、どんな物をどこに付けるか?という話になるハズです。

まあ、付いたものはいいとして、請求にも反映されるのか?という所が気になります。

いずれにしても、結果としてお風呂は今の借家のユニットバスと同じ配置になりました。

入り口、浴槽、シャワー水栓、照明の配置とともに、付けない予定の鏡までも偶然同じ配置になりました。

今のお風呂は何も不具合が無く、これがいいよね、と妻とも意見が一致。

 

最後に、この日は外構業者の方との初打ち合わせもありました。

これは家の建築とは全く別の工事です。

基本は外構もDIYなのですが、木を植えたり、大きな石を積んだりと、自分で出来ないところをやってもらうのが主目的です。

外構についてのおおまかな計画をたてて、必要な費用を把握して、どこまでを業者にやってもらうか?という事を明確にすれば、予算管理、作業内容の把握もできて計画的に外構を進めていく事ができるでしょう。

ドライブしているとたまに見かけますが、おうちは立派だけど外構はこれからなのね?という状態のままにならないよう、外構も計画的にやっていきたいと思います。

外構はいつから始めるのか?頭の片隅にはありましたが、業者の選定だけは終えていました。

これは知り合いの方の紹介でもあるのですが、石組みが得意な業者さんです。

よって、家の建築がひと段落したこのタイミングで一度現場を見てもらい、大まかな希望を伝えて、見積もりを出してもらう事にしました。

見積もりを出すには、建築確認申請で提出した配置図をもとに、面積を把握して、おおまかな設計図を造る必要がある、とのこと。

また、これから冬になると工事はお休みとなるので、雪が溶けた春から再開する、とのことでした。

植樹などはいつがいいのか、樹種によって決まるので、それは優先的にその時期にやっていく、とも。

従って、一冬かけてゆっくり外構の計画を練りながら、春を待つことにしました。

この業者さんは、次の春先にすでに5件の工事を控えている、とのこと。

以外と人気のある会社だったのかな?

従って他の現場とも調整しながら工事日程が決まります。

そういった意味では、外構業者への依頼も早い方がいいのかもしれません。

 

現場経過報告ブログは続きます・・・

 

 

 

現場経過報告11/18

 

 

f:id:HAKUGIN:20201118174621j:image

この日も車が四台ほど停まっていました。

車庫まわりの養生に使っていた青いビニルシートが取られていますね。

 

f:id:HAKUGIN:20201118174627j:image

車庫部分の下周りのコンクリートが完成した様子。


f:id:HAKUGIN:20201118174637j:image

家の北側で工事していた上下水道管も終了して、綺麗に埋められました。

よく見るとガス缶も設置されましたね。


f:id:HAKUGIN:20201118174632j:image

外周りの電気工事も進んでいました。

これはウッドデッキの照明をバルコニー下に設置したところですが、自分で手配した紐の照明です。

これは車庫奥の物置に付けるよう頼んでおいたのですが、何故かここに取り付けられました。

まあ、ここの照明をどうするかまだ決めてないので、とりあえずこれでいいかな?と思っています。


f:id:HAKUGIN:20201118174616j:image

昨日の風呂の土台に風呂桶が乗せられました。

風呂桶の前後左右は少し空間があります。

お湯が壁にかかっても、乾きやすいでしょう。


f:id:HAKUGIN:20201118174612j:image

お風呂照明も取り付けられました。

これは外部に付けた船舶照明と同じ会社が作ったものです。

デザインが一目惚れで、どこかに付けたいと思っていたのですが、船舶照明で耐水性もあるため、お風呂にしました。

ただし、実際に取り付けると思っていたよりも小さい・・・


f:id:HAKUGIN:20201118174641j:image

薪ストーブ炉台が完成し、コンクリート施工用の枠組みが外れました。

やはり見た目が物足りない。

早くDIYで石を貼って装飾しないと。

この日薪ストーブ店から連絡があり、薪ストーブ設置は11/21になるとのこと。

 

現場経過報告ブログは続きます・・・

 

 

 

現場経過報告11/17

 

朝晩は冷え込みますが、日中は暖かい日が続きます。

 

f:id:HAKUGIN:20201117204148j:image

家画像の新たなアングルを探して、最寄りの道路から。

ここから見ると、少し奥まったところに家が建っています。

やはり赤い屋根は目立ちますね。


f:id:HAKUGIN:20201117204155j:image

この日も設備工事が続いています。

家の北側に上下水道管の埋設が進められていますが、塩ビ管の長さをその場で切って繋いでいるようで、進み具合はゆっくりです。


f:id:HAKUGIN:20201117204152j:image

これがその繋がれた部分。

結構複雑です。


f:id:HAKUGIN:20201117204144j:image

風呂の中のコンクリートも固まったようで、浴槽の下の土台を設置されていました。

風呂内部のコンクリート床は排水のため勾配が付いており、浴槽は水平にしなければならないため、土台の高さは場所によって変えていました。

 

現場経過報告ブログは続きます・・・

 

 

 

現場経過報告11/16

 

 

f:id:HAKUGIN:20201116203722j:image

画像は、過去にお邪魔した家具屋さんで見た時計です。

たしか日本製だったと思いますが、あえてアンティーク風のデザインにしているそうです。

そして、もちろん時計としての機能も果たします。

そろそろインテリアもどうするか決めなければならないところが多々ありますが、時計もその一つです。

その後、この家具屋に行った時にはこの時計は売れてしまっていて、置いてありませんでした。

雰囲気が気に入ったので、手に入る方法をぜひ探したいと思います。

大きめなのもいいです。

直径がちょうど同じ丸太の断面に付けるのも面白いかも?

 

さて現場はというと、今日は完成検査の日。

完成はまだ後日ですが、先に検査できるんですね。

仕事の昼休憩に現場に着くと、タクシーともう一台車が停まっていました。

タクシーは検査の人が乗ってきたようで、その後すぐに、また乗って帰られました。

もう一台はC社の方のものでした。

検査の付き添いだったようです。

検査の方が帰った後、C社の方と少し話したのですが、無事終わりましたか?と聞くと、いくつか指摘されたことがありましたが・・・とのこと。

指摘された事は何なのか?気になりましたが聞けませんでした。

まあ、C社の中で解決してくれるでしょう。

 

f:id:HAKUGIN:20201116203235j:image

工事としては、この日は上下水道管の埋設のみ行われていました。


f:id:HAKUGIN:20201116203231j:image

掘られた溝をよく見ると、ところどころに何か設備が埋められていますね。


f:id:HAKUGIN:20201116203223j:image

ここにも横から溝へ配管が三本出ています。

これは場所から考えて、トイレ、風呂、洗濯機の排水でしょうか?


f:id:HAKUGIN:20201116203227j:image

エアコン室外機の手前にある配管は、キッチンからの排水かと思われます。

 

今日見たところでは、まだ風呂の中の工事がまだです。

浴槽、シャワー水栓の設置が残っています。

また薪ストーブ設置も残っています。

それから外部照明、外部コンセントもまだの所があります。

まだまだ完成は見えてきません。

 

現場経過報告ブログは続きます・・・