ハンドカットログハウス建築日記

HAKUGINは静かに暮らしたい

ハンドカットログハウス建築日記

基礎工事経過報告⑨

f:id:HAKUGIN:20200407060129j:image

画像は4/6の現場のものです。

基礎の周りの土を埋め戻す作業が始まりました。

この作業は見ていて楽しかったので、夕方から18時の作業終了まで、2時間近くぼーっと眺めていました。

f:id:HAKUGIN:20200407080243j:image

途中から建築・木材好きの知人もやってきて、子どもたちと共に眺めていました。

これはログハウスうんぬんより、"はたらくくるま"的な楽しさです。

子どもたちと本で見ていても、実際に働いているところは、やはり見ていて楽しいものです。

これは女性には理解されないかもしれないですが・・・

 

4/9には土台・床組みが始まります。

土台は、基礎とシルログの間に設置する角材です。

これは高さ40cm分のレッドシーダー角材となります。基礎のコンクリート張りそのままの土間と、フローリングとが、高さで40cm差があるためです。この角材、横幅も相当なものになるでしょう。

また床組みは仮組みではなく、一番上の無垢板以外は本仕様となります。

断熱材や根太も入ります。

 

また、現場からの報告をしたいと思います。

 

 

※2020/4/17追記

その後基礎屋さんに聞いたところ、基礎の対角線上の角で、ズレが2mmの精度だった、とのこと。

大手の建築会社では誤差3mm以内を要求されるので、今回も良い出来だそうです。