ハンドカットログハウス建築日記

HAKUGINは静かに暮らしたい

ハンドカットログハウス建築日記

現場経過報告6/16

 

現場はその後、ほぼ作業がストップしています。

これはC社のやり方なのかもしれませんが、工事が進まない日が続くのはもったいない気がします。この間も銀行のつなぎ融資手数料は発生していますから。

この間に内部の造作が進めばいいのですが、それどころか、内部造作工事の仕様もこれから決めるところです。その打ち合わせもまだいつやるか決まってません・・・

これからC社で検討される方はご参考に。

 

唯一すすめられていたのが板金工事。

それも終了して、少し外観が変わりました。

f:id:HAKUGIN:20200616055855j:image

この日は雨上がりに現場へ。
f:id:HAKUGIN:20200616055843j:image

車庫の西隣の4本柱のうち、いちばん南にある柱です。

このタイミングで現場を訪れることで雨がかかりやすい所が分かりました。

もちろんその時の風向きにもよると思いますが・・・ここは日光にもいちばん当たりやすいので、木材の変質が気がかりな所です。
f:id:HAKUGIN:20200616055900j:image

それ以外の柱は雨に濡れていませんでした。
f:id:HAKUGIN:20200616055847j:image

そして土台の板金が全て終わりました。

画像の黒いところです。

板金屋さんも腕のいい方で、綺麗な、丁寧な仕事をしていただきました。
f:id:HAKUGIN:20200616055835j:image

拡大するとこちら。

話していたとおりビス止めは上部一ヶ所のみ。板金の歪みを最小限に抑えていただきました。しかもなるべく上で止めてもらえたので、水切りの点からも安心です。

土台は縦幅40cmあるので、この黒いガルバリウム剛板は見た目的にもかなりインパクトがあります。

ただし、完成時は手前にウッドデッキがあるので、基礎コンクリートはみえません。ウッドデッキはウエスタンレッドシーダーの板材なので、現状のコンクリートと隣り合わせよりはもう少し色の差が薄らぐでしょう。
f:id:HAKUGIN:20200616055839j:image

北側屋根のドーマー下も板金が終わりました。
f:id:HAKUGIN:20200616055851j:image

以前見えていた金物は仮の水切り用だったとか。

施工終了後は同じ赤のガルバリウム剛板で仕上げられていました。

f:id:HAKUGIN:20200611071502j:image

それから進んだところと言えば、こちら。

天井カセット型エアコン!

通称天カセ。

今は一般住宅用に各メーカーからいろんなタイプが出ていて、天カセも色々です。かなり選択肢は多く、天カセ=業務用、との偏見は過去のものとなっています。また、配管類は各社統一されているようで、交換時に他メーカーも検討する事ができます。

ただし、配管や取り付け費用の問題もあり、新築時以外のタイミングでの導入はほぼ不可能です。

ちなみに私が天カセにこだわったのは、ログ壁に穴を開けたくないから。

これは一貫して断り続けています。

電気配線も、天カセも、レンジフードのダクトも、換気扇も、全てログ壁を通さずに計画しています。

なるべくログ材は切らずに、削らずに済むようにしています。せっかくのログハウスですから。

ちなみに天カセは壁付けで後付けできるエアコンよりは値段が高め、固定資産税も高く評価されますので、それらを踏まえた上でご計画をおすすめします。

天カセは機械が天井内に入り、後からパネルを蓋みたいに取り付けます。我が家は天井も塗り壁と同じ仕様なので、それが終わってからパネルを付けて完成となります。

f:id:HAKUGIN:20200611071512j:image

天カセ関連の配管類がまとめて屋根を通しているのがお分かりいただけると思います。

外部に出した配管は、セトリング対応のため長さに余裕を持たせて、固定はしない状態で室外機に接続される予定です。

 

C社によると、次にログビルダーさん達が工事に来るのは7月終わりから。

それまでにその他の工事を進める、とのこと。

今はキッチンと洗面台をどうするか、外注も含めて検討しています。

 

現場経過報告ブログは続きます・・・